肌へのダメージが多い自己処理

気になるムダ毛の処理に、よく行なわれているのが、カミソリや除毛クリームをはじめ、シェーバーやワックス、テープなどを使った自己処理です。中でもカミソリを使った自己処理方法は、毛だけでなく肌も一緒に削ってしまうため、肌へダメージを与えてしまします。いずれも毛膿炎や埋没炎を起こす原因となるので、自己処理によるムダ毛の処理はリスクが高いといえるでしょう。

肌への負担が少ないレーザー脱毛

肌へのダメージを避けるには、レーザー脱毛が最適です。レーザー脱毛には、光脱毛と医療用レーザー脱毛の2つの種類があります。光脱毛は、脱毛サロンやエステサロンで行なっている方法で、照射のパワーが弱いため痛みが少ないというメリットがありますが、その分照射回数が多くかかるというのがデメリットです。一方で、医療用レーザー脱毛は、クリニックや皮膚科などの医師免許を持つ医師がいる医療機関でのみ受けられ、強いパワーのレーザーでメラニンの黒い色に反応させ、毛乳頭を熱によって破壊してムダ毛の再生を抑制しています。

いずれもレーザーの照射によって毛根にダメージを与えることは同じですが、サロンでは医療行為に含まれる組織を破壊することができないため、出力のパワーを抑えなくてはなりません。また、脱毛を完了したからといって、一生2度とムダ毛が再生されないわけではなくその効果と持続性が重要で、永久脱毛と呼ぶことができる脱毛は医療用レーザー脱毛に限られていることを知っておきましょう。

上野の脱毛クリニックは他の地域よりも数が多いので脱毛プラン別に比較するのが容易です。特に大手チェーンでは無い、個人で運営している小規模な施設が多いので隠れた名医に巡り合う可能性があります。