生理の時は受けないことが大事

アンダーヘアの処理を行うVIO脱毛を行う女性は急増しています。下着内の蒸れを解消できる上にデリケートゾーンを清潔に保てるので大人気です。ただサロンでケアをするに当たり、いくつか注意点もあります。たとえば、生理の際にはVIO脱毛を受けないようにすることが大事です。そもそも生理期間中は身体がデリケートになっているため、施術を受けると赤みや吹き出物などのトラブルが生じやすくなるからです。さらに、通常よりも痛みを感じやすいので、生理と施術日が重なったら早くキャンセルの連絡をしましょう。

自己処理を必ず行う事

VIOの施術を受ける際は、必ず事前にアンダーヘアの自己処理を行っておく必要があります。フラッシュ脱毛の光は、ムダ毛が長い状態で照射すると毛根までスムーズに届かなくなってしまいます。つまり、脱毛効果が低くなってしまうので、事前にアンダーヘアを短く刈り込んでおくことが求められるのです。ちゃんと処理をしていかないと脱毛当日に施術を断られるので、注意が必要です。

施術後は保湿ケアが大事

VIOの施術を受けた後は、患部が光やレーザー照射の影響で非常にデリケートな状態となっています。したがって、施術当日は熱い湯船につかるのは避け、ぬるま湯で優しく患部を洗うようにした方が良いです。また、施術後は肌が乾燥しやすい状態なので、いつもより保湿を丁寧に行うことが大事です。乳液やクリームなどでアンダーゾーンを時間をかけて保湿していきましょう。肌のケアを忘れずに行うことで、今後、脱毛施術を受けた時に痛みを感じにくくなります。

VIOライン脱毛はデリケートゾーンを見られるので、恥ずかしいと感じる人もいるかもしれませんがタオルをかけたり、紙パンツをずらして少しずつ処理するなど、恥ずかしさを軽減する工夫を行ってくれるので安心です。