歯の汚れを除去するには審美治療が最適

歯磨きを丁寧に行っても歯に黄色や茶色の汚れがこびり付いていることがあります。歯磨きで除去できない汚れの多くは、歯の表面のエナメル質に生じた微小な傷に入り込んで沁みついた色素です。歯の内部から変色しているので、普通の歯磨きでは汚れを落とすことはできません。白い綺麗な歯にするにはいくつかの方法がありますが、大別すると人工の歯と入れ替えるか専用の塗料で塗りつぶすかの二種類になります。どちらの方法も長所と短所があるので一概に断言はできませんが、人工の歯は汚れた歯を除去したうえで変色しない人工の歯を使うことになるので永続的に白い輝きを維持できるのが利点です。塗料を使って汚れを塗りつぶす方法は時間がかからず、体への負担がほとんどありません。

審美治療は汚れの再付着も考慮することが重要

歯の汚れを取り除く審美治療における最大の問題点は汚れが再度付着することです。医療保険が適用されない審美治療は高額な費用の全額を患者が負担します。多大な出費をして歯を綺麗にしたのに、再び汚れが付着して白さが失われるのは非常にもったいないことです。そのため、汚れの再付着を防ぐためのコーティング加工が重要になります。人工の歯は最初から汚れが付着しにくい加工が施されているので問題ありませんが、専用の薬剤で汚れを塗りつぶす方法の場合は定期的に塗り直しを行わないとすぐに汚れてしまいます。コーティング加工を施すことで治療の回数を減らすことができますが、丁寧に処置しないと仕上がりが綺麗になりません。歯を白くするには腕の良い歯科医師の下で審美治療を受けることが大切なのです。

オールセラミックの詰め物やかぶせ物を短時間で作成できるのが、セレックです。セラミック治療には必須のアイテムになります。