サロンは肌への負担が少ない

暑い夏の時期になると、ムダ毛の処理に悩む女性は少なくありません。脱毛サロンに行こうか、自己処理でケアしようか迷う人も多いのではないでしょうか。脱毛サロンと自己処理の一番の違いは、肌への負担です。カミソリや毛抜きなどで自己処理を行うと、気づかぬうちに肌に大きな負担を与えることになります。長年の負担が蓄積することで、色素沈着や乾燥、埋もれ毛などの原因になります。その点、脱毛サロンで使用する脱毛機器は、黒い毛の部位にだけ集中的に光を照射することが可能です。つまり、周囲の肌細胞へのダメージが少なく、安全に脱毛を行うことができます。また、脱毛することで肌のトーンが明るく見えるようになるのも魅力といえるでしょう。

サロンは施術を受ければきれいにムダ毛をケアできる

脱毛サロンと自己処理の違いというと、頻繁にムダ毛処理を行う必要がないことが挙げられます。脱毛サロンの場合、毛を再生させる組織に光を照射して破壊することでムダ毛処理を行うことが可能です。数か月に一度のペースで10回ほど施術を受ければ、ムダ毛は生えなくなります。したがって、自己処理のように一度きちんとケアしても再び毛が生えてくるということがありません。夏の時期というと水着や薄着になることが多く、毛が太くて多い脇の部位はこまめに処理する方が多いものです。しかし、脇の毛はどんなに丁寧にカミソリで処理しても毛穴が目立つ上に、すぐに毛が生えてきてしまいます。しかし、脱毛サロンでケアすれば毛の処理をしなくて済むので、とても快適に過ごせるようになります。

脱毛の料金は、施術1回に付きいくらという様に設定されている場合もあれば、部位別にトータル料金が設定されている場合もあります。必要となる施術の回数には個人差がありますので、しっかり考えることが大切です。