血液クレンジングの仕組み

健康に気をつけているという人はたくさんいますが、そんな人に注目されているのが「血液クレンジング」です。

クレンジングというと綺麗にするということを言いますが、血液クレンジングとは、100ccの血液を採取して医療用オゾンで綺麗に浄化して、その浄化した血液を体内に戻すという仕組みになっています。

オゾンガスそのものは人間にとって有害ですが、血液にオゾンを加えることで血液の赤血球が酸素を取り込みやすくなります。この時点でオゾンガスは消えていて、酸素を取り込んだ血液を体内に戻すことで様々な効果を得られるのです。

活性化した血液は点滴で戻すことで様々な効果を発揮します。そのため、ヨーロッパなどでは一般的な治療方法として普及してます。

血液クレンジングのメリット

血液クレンジングの具体的なメリットとしては、様々な効果が挙げられます。

酸素を効率的に取り込みやすくなるため、肩こりや冷え性の改善、疲労の回復や免疫力アップ、ガンなどの治療のサポートや予防、血液をサラサラにしたり、女性なら生理痛の緩和などに役立ちます。

他にも、血管を丈夫にして動脈硬化や心筋梗塞などを予防する、肌の調子を整えるなどにも良いとされています。

人の体質によっては1回の治療で十分に効果が期待することができますが、病気の治療や免疫力を高めることを目的にした場合には週に1~2回程度、健康を維持したりアンチエイジング目的の場合は月に1~2回程度が効果的です。

回数が増えるごとに効果が持続され、効果も高まっていく特徴があるため継続して行うことがオススメです。

採血した血液を医療用オゾンと混ぜ反応させると新鮮な血液に変化すると言われています。その新鮮な血液を再び体内に戻す点滴療法のことを血液クレンジングと言います。また、オゾン療法とも呼ばれています。